Topics

Topics

中島先生 集中講義(2月23-24日)

Special lecture by Prof. Junichi Nakajima

セミナー等

SEMINARS

更新日:2017.02.21

Updated: 2017.02.21

  • 開催場所:京大宇治キャンパス 防災研究所地震予知研究センター研究棟(新館)2階 200号室
  • Place: 京大宇治キャンパス 防災研究所地震予知研究センター研究棟(新館)2階 200号室
  • 〒611-0011 京都府宇治市五ヶ庄
  • 〒611-0011 京都府宇治市五ヶ庄
  • 開催日時:平成29年2月23日(木) ~ 24日(金)
  • Date and Time: 平成29年2月23日(木) ~ 24日(金)

以下のとおり、集中講義を開催いたします。
ぜひご参加下さい。



講師:中島淳一 先生
(東京工業大学理学院地球惑星科学系・教授 / 地震予知研究センター非常勤講師)

タイトル:
地震波減衰構造と地震・火山活動

日程:
2月23日(木)、24日(金)

時間:
23日11:00-17:00、24日10:00-15:00
23日15:00からはセミナーを開催予定(内容は関東の地震活動に関する内容)。

場所:
京都大学 宇治キャンパス 地震予知研究センター研究棟 C200

内容:
地震波減衰は地震波スペクトルの高周波側の傾きから推定されるが,スペクトルの形状は波線に沿う減衰以外に,震源スペクトルやサイトレスポンスの影響も含まれている.そこでNakajima et al. (2013, JGR)はまず,コーダはスペクトル比法により震源スペクトル(コーナー周波数)を求め,次に波線に沿う減衰(t*)とサイトレスポンスをインバージョンにより推定する手法を提案した.セミナーでは,その方法を用いて推定された関東・九州・中部日本の減衰構造を紹介し,地殻内変形,マグマ活動,スラブ内地震などと減衰構造の関係を議論する.

対象:大学院生を中心に学部生,若手研究者を含む.

以下のとおり、集中講義を開催いたします。
ぜひご参加下さい。



講師:中島淳一 先生
(東京工業大学理学院地球惑星科学系・教授 / 地震予知研究センター非常勤講師)

タイトル:
地震波減衰構造と地震・火山活動

日程:
2月23日(木)、24日(金)

時間:
23日11:00-17:00、24日10:00-15:00
23日15:00からはセミナーを開催予定(内容は関東の地震活動に関する内容)。

場所:
京都大学 宇治キャンパス 地震予知研究センター研究棟 C200

内容:
地震波減衰は地震波スペクトルの高周波側の傾きから推定されるが,スペクトルの形状は波線に沿う減衰以外に,震源スペクトルやサイトレスポンスの影響も含まれている.そこでNakajima et al. (2013, JGR)はまず,コーダはスペクトル比法により震源スペクトル(コーナー周波数)を求め,次に波線に沿う減衰(t*)とサイトレスポンスをインバージョンにより推定する手法を提案した.セミナーでは,その方法を用いて推定された関東・九州・中部日本の減衰構造を紹介し,地殻内変形,マグマ活動,スラブ内地震などと減衰構造の関係を議論する.

対象:大学院生を中心に学部生,若手研究者を含む.

参考ファイル:

Related files:

トピック一覧に戻る

Back to Topic List