Topics

Topics

地震・火山研究グループ研究会(7月27日)

Seismic and Volcanic Hazards Mitigation Research Group Workshop (July 27, 2018)

セミナー等

SEMINARS

更新日:2018.07.05

Updated: 2018.07.05

下記の通り,7月27日に京都大学防災研究所地震・火山グループ研究会を開催いたします.
皆様お誘い合わせの上,ご参加いただきますようお願いします.

--------------2018年7月 地震・火山グループ研究会-------------
日時:2018年7月27日(金)14:00-16:00
場所:京都大学防災研究所 大会議室 (本館S棟5階S-519D室)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_uji.htm
(構内マップ中の27番の建物です)

時間:14:00-15:00
講演者:吉本充宏 主任研究員(山梨県富士山科学研究所火山防災研究部)
タイトル:火山防災協議会に参画する火山専門家の活動の現状と火山防災研修プログラムの作成
要旨:御嶽山2014年噴火災害を契機に、2015年に活動火山対策特別措置法が改正され、火山災害警戒地域に指定された自治体が火山防災協議会を設置することが義務付けられ、同時に火山専門家を構成員として参画させることが明文化された。一方で、火山防災協議会に参画する火山専門家や火山防災行政担当者は、火山防災協議会を実効的に機能させるうえで、いくつかの課題を抱えている。たとえば、火山研究者が専門家としての行政へ助言を行う場合、指針などは無く、どのような基準や方針で助言するかは各自の判断に委ねられている。また、協議会を構成する火山防災行政の担当者は2、3 年程度で異動するため、積み上げてきた知識やノウハウの継承が滞り、意思の疎通がうまくいかない場合がある。本研究ではこれらの課題解決のため、火山専門家の火山防災協議会における活動実態や意識を把握し、同協議会における専門家の役割を整理するためにアンケート調査を実施した。また、火山防災行政担当者が継続的に知識を取得し課題を共有し、地元の火山噴火に的確に対応できる人材育成を目指した研修プログラムの開発を試みた。本発表では、これらの結果について紹介する。

時間:15:00-16:00
講演者:Alexandros-Panagiotis Poulidis 特定助教(京都大学防災研究所火山活動研究センター)
タイトル:Understanding the impact of local meteorology on ash dispersal and deposition
要旨:Sakurajima is one of Japan's most active and closely monitored volcanoes; the latest ongoing eruptive phase started at 1955, with various periods of intensification (e.g. 2008) and decrease (2015). Scheduled forecasts are carried out by the Japanese Meteorological Agency (JMA) every 3 hours, however these are largely qualitative. The large population density on and around the volcano makes understanding and predicting the proximal and short-range deposition of ash a priority. In this presentation we will present results from the first two years of research carried under subtopic D2 of the Integrated Program for Next Generation Volcano Research and Human Resource Development (ie. Kazan project). Specifically we will discuss local meteorological effects and their impact to the transport and deposition of volcanic ash both in a long-term setting (ie. for multiple eruptions over a large number of years) as well as for specific case studies using high resolution atmospheric modeling to understand the impact these effects have in the dynamics of ash transport and deposition.

 

 

下記の通り,7月27日に京都大学防災研究所地震・火山グループ研究会を開催いたします.
皆様お誘い合わせの上,ご参加いただきますようお願いします.

--------------2018年7月 地震・火山グループ研究会-------------
日時:2018年7月27日(金)14:00-16:00
場所:京都大学防災研究所 大会議室 (本館S棟5階S-519D室)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_uji.htm
(構内マップ中の27番の建物です)

時間:14:00-15:00
講演者:吉本充宏 主任研究員(山梨県富士山科学研究所火山防災研究部)
タイトル:火山防災協議会に参画する火山専門家の活動の現状と火山防災研修プログラムの作成
要旨:御嶽山2014年噴火災害を契機に、2015年に活動火山対策特別措置法が改正され、火山災害警戒地域に指定された自治体が火山防災協議会を設置することが義務付けられ、同時に火山専門家を構成員として参画させることが明文化された。一方で、火山防災協議会に参画する火山専門家や火山防災行政担当者は、火山防災協議会を実効的に機能させるうえで、いくつかの課題を抱えている。たとえば、火山研究者が専門家としての行政へ助言を行う場合、指針などは無く、どのような基準や方針で助言するかは各自の判断に委ねられている。また、協議会を構成する火山防災行政の担当者は2、3 年程度で異動するため、積み上げてきた知識やノウハウの継承が滞り、意思の疎通がうまくいかない場合がある。本研究ではこれらの課題解決のため、火山専門家の火山防災協議会における活動実態や意識を把握し、同協議会における専門家の役割を整理するためにアンケート調査を実施した。また、火山防災行政担当者が継続的に知識を取得し課題を共有し、地元の火山噴火に的確に対応できる人材育成を目指した研修プログラムの開発を試みた。本発表では、これらの結果について紹介する。

時間:15:00-16:00
講演者:Alexandros-Panagiotis Poulidis 特定助教(京都大学防災研究所火山活動研究センター)
タイトル:Understanding the impact of local meteorology on ash dispersal and deposition
要旨:Sakurajima is one of Japan's most active and closely monitored volcanoes; the latest ongoing eruptive phase started at 1955, with various periods of intensification (e.g. 2008) and decrease (2015). Scheduled forecasts are carried out by the Japanese Meteorological Agency (JMA) every 3 hours, however these are largely qualitative. The large population density on and around the volcano makes understanding and predicting the proximal and short-range deposition of ash a priority. In this presentation we will present results from the first two years of research carried under subtopic D2 of the Integrated Program for Next Generation Volcano Research and Human Resource Development (ie. Kazan project). Specifically we will discuss local meteorological effects and their impact to the transport and deposition of volcanic ash both in a long-term setting (ie. for multiple eruptions over a large number of years) as well as for specific case studies using high resolution atmospheric modeling to understand the impact these effects have in the dynamics of ash transport and deposition.

 

 

トピック一覧に戻る

Back to Topic List